トップページ » ご寄稿

ご寄稿

W. Astbury博士のことなど

2015年05月18日(月)

2015年5月13日  菅 宏 (旧制19回)


英国では科学教育を進める一環として科学週間を設けており、今年は3月13-25日の10日間が当てられました。初等・中等教育を受ける生徒が中心ですが、全ての年齢層に科学・技術の発展やその恩恵の再認識などを目的として、さまざまな講演や実技が行われ、生徒達が熱心に受講している写真を見ることが出来ます。今年の大きなイベントはSchool Poster Competition、すなわち身の周りで観測される事象の科学的側面をポスターにして競い合うもので、学校の名誉に懸けて生徒たちの競争心が掻き立てられ、教師陣ともども張り切っているようです。探究心や科学への芽を育てる上で、大変良い企画かと感心しました。

 

オックスフォード大学からのNewsletterで、この期間中に「A forgotten giant in the hunt for DNA」と題する講演がK. Hall博士によって行われたという記事が目に留まりました。DNA研究での忘れられた巨人という人物なのですが、残念ながら私には未知の学者です。Hall博士は述べています。「Isaac Newton卿は自分の発見の多くは、幸いにも自分が巨人の肩に乗っかる機会があったから出来たと言っております。そう、多くの巨人の名前は記憶から消失してしまいがちです。そして忘れられた巨人の一人がWilliam Astbury(1898-1961年)なのです。約30年前、生化学を研究するためSt, Anne’s Collegeに赴任した時、彼が生涯の大部分を過ごしたLeedsの街は私の故郷であるにも関わらず、彼の名前は私には無縁でした。しかし、研究を始めて直ぐに、アストベリー博士が私の研究分野で大きなインパクトを与えた人物であることを知りました。

 

ノーベル賞学者のMax Perutz博士が、彼の研究室を「Ⅹ線研究のヴァチカン」と称するほどの国際的業績を挙げていたのです。物理学の教育を受けたのち、アストベリー博士は生体を構成する巨大鎖状分子に興味を持ちます。羊毛繊維に対する初期の研究は蛋白の構造に極めて重要な知見を与え、ヨークシャーの繊維工業界にも大きな影響を与えています。これが契機となって、生命の遺伝を預かるDNA分子に対する挑戦が始まったのです。その構造モデルを始めて提案しています。このようなアストベリー博士のことを聞く機会が無かった理由を考えてみました。ヨークシャーで行われたクリケット国際試合で、無敵のオーストラリアチームを打ち破った時の立役者Ian Bothamの名前は今でも覚えているのですが、その時の英国チームの他の選手の名前は殆ど思い出せないのです。スポーツの世界では華々しく活躍した選手の名前だけが記憶されがちですが、科学の世界でも同じことが言えるのでしょう。彼はDNA構造解析の國際競争に参加したのですが、真っ先にゴールに飛び込むことは出来なかったのです。しかしアストベリー博士の鋭い洞察は M.ウィルキンスR.フランクリンの研究に引き継がれ、そこから F.クリックJ.ワトソンが正しいDNAの構造モデルを提案するに至った上で巨人的役割を果たしたのです。

 

彼が競争の一番手ではなかったにしろ、彼の科学的遺産を看過することはできません。生体機能は構成する巨大分子を通じて理解すべきであるという分子生物学を誕生させたのです。クラシック音楽の愛好者でもあった博士は、このような鎖状高分子こそ自然が選んだ創造の調和に相応しい楽器であると述べています。科学の熱心な推進者となった彼は、日常的言葉で分子生物学の考え方を訴え続けました。とっておきの逸話は、落花生から抽出した蛋白の分子構造を変えて不溶性にした繊維でコートを作らせたことです。生命現象を分子構造から理解しようとしただけでなく、分子レベルで性質を変えることも行ったのです。幸運にも私は地域の図書館で館員の一人が博士の孫であることを知り、これが切っ掛けで私は博士の伝記を書くことにしました。題目は The Man in the Monkeynut Coat: William Astbury and the Forgotten Road to the Double-Helix (Oxford University Press)です」

 

この記事を読んで私は恩師の仁田 勇先生のことを連想しました。理研時代に炭素の正四面体構造を実験的に証明し、若くして世界の結晶学界最前線の仲間入りを果たされたことは良く知られています。しかし、恩師の西川正治先生が行われた生糸、竹などの繊維状物質に対する先駆的研究の影響を受けられて、仁田先生も木材の繊維構造を調べるべく、そのX線的研究をされたことは余り知られていません[木材組織のX線的研究:仁田勇、X線、2, 111 (1941)]。仁田先生は繊維状高分子に並々ならぬ興味を持っておられたのです。日本におけるX線構造解析の黎明期で、仁田先生はアストベリー博士より1年後のお生まれです。32歳という若さで理学部化学科・物理化学講座を担当されてからは、基礎化学の立場から対象物質を選ばれましたが、繊維高分子の重要性をしっかりと認識し続けておられました。6年に及ぶ欧州滞在で最先端の高分子化学を学んで帰国された呉 祐吉博士が、適当な就職先が見付からないことを知られた仁田先生は、真島理学部長のご了解を得られた上で未だ埋まっていなかった研究室の講師の席を提供され、客員研究員として迎えられました。

 

やがて合成高分子の重要性を知った関西繊維業界から寄付された繊維高分子研究所へ、教授として移られた呉先生は直ぐに谷久也先生とご一緒に、グリシン誘導体からポリペプチドの合成やポリエチレンの物理的性質の研究をしておられます。村橋俊介先生など他の先生方も加わって繊維高分子の研究が次第に充実し、やがて高分子学科の誕生に繋がったのです。新学科へは高弟の一人である田所宏行博士が移られて結晶性高分子の構造解析に従事、また角戸正夫博士は蛋白研で生体高分子の構造解析に従事され、それぞれ大きな役割を果たされました。昨年の世界結晶年を記念して大阪大学博物館で開催された「魅惑の美 Crystal – 最先端科学が拓く新しい結晶の魅力」の展示会でも、これらの成果の一部が陳列されていました。高分子学科は化学科と協調しながら新分野の開拓を進めており、その発展の経緯を考えると仁田先生の卓抜した先見性に改めて深い敬意を表する次第です。

post by 事務局 |
関 集三(旧制3回)

数年前から私の同期生は老生唯一名ですので、例年通り自分の関係した近況について報告します。1996年、標記の「国際会議」が初めで「アジア地区の我国」で開催され、阪大名誉教授 菅 宏(旧19回生)が組織委員長、老生が名誉組織委員長をつとめました。それから14年後の昨年7月31日から一週間、つくば市で標記の学会が36ヶ国、665名、550件発表の規模で見事成功裡に終了しました。組織委員長は東工大特任教授の阿竹 徹(新14回生)、副委員長阪大名誉教授 徂徠道夫(新10回生)、名誉組織委員長には菅 宏および老生、事務局長には筑波大学教授 齋藤一弥(新29回生)、運営委員には阪大教授の稲葉 章(新19回生)、中澤康浩(名誉会員)および東工大教授小國正春(S.48修)が参加され、稲葉教授はさらにプログラム委員長をつとめられました。
さて、開会式には、天皇、皇后両陛下の御臨席を賜り、前文部科学大臣および茨城県知事の祝辞、共催学会長の挨拶としては、日本熱測学会、日本化学会、日本学術会議、IUPACの各団体の代表が述べられた。元首、中央・地方政界、との交流が見事に果たされました。このなかにあって私共が設立した主役の日本熱測定学会(昨秋第46年会)のご配慮で "Special Session in Honor of Prof. S. Seki and Prof. H. Suga"が二日間に亘り行われ、菅、徂徠、松尾、小國の永契会メンバーが参画され、老生としては誠に光栄でした。上記した様に、私共が創設に参加した日本熱測定学会の多くの他のメンバーや、阪大理学部に設立された研究センター(昨年32年)で活躍された海外の研究者を含め多くの方々が活動されたことは本当にうれしい事でした。参加者の多くの方々から「日本では元首をはじめ、この様な基礎研究者を大切にする姿に対し、羨望する言葉」を戴いたことは、「文化を豊かにする日本の未来像」として有難いと存じました。

post by 事務局 |

磁気モノポール

2010年04月17日(土)
旧制19回のクラスは、HPやメイルを通して活発に情報交換をしておられるようです。偶然にも、一つのメイル添付文書を読む機会がありました。菅名誉教授による磁気モノポールに関する解説文です。内容は大変興味深く、かつ重要な話題かと思い、菅先生には無理を言って掲載をお認めいただきましたので、以下に収録させていただきました。ご高覧下さい。(永契会幹事)

磁気モノポール 
菅 宏(旧制19回)
陰陽の点電荷があるのに対し、対称的な点磁荷(N と S)が無いことが長い間の疑問でした。最近になって磁気モノポールが発見されたという報告がありましたので、経緯の順を追ってみたいと思います。 
 
つづきはこちら → PDF (584KB)
post by 事務局 |
関 集三(旧制3回)

1938年卒旧制3回同期生は19名でしたが、2006年からは、老生唯一人となり、淋しい限りです。老生、昨年春5月に満94才を過ぎました。前年同様、御指示により、その後の新しい身辺の変化を報告させていただきます。さて、現役時代の1975年に提案し、1979年定年退官の折、文部省に認可された熱測定を中心とした研究センターが10年毎に3回の組織変更を経て、昨年30年で終結いたしました。その間の研究成果は、旧制19回生の当時の菅センター長の卓見による"阪大化学熱学レポート"30巻に発表されており、改めてその成果に敬意を表します。御承知のように菅名誉教授は現役時代、Giauque(実験)、Pauling(理論)の2名のノーベル化学者による意見の対立があり(1935-36)、その解決の重要性を指摘したOnsager(理論)の計3名のノーベル化学者の努力にも係わらず、未解決テーマであった「氷(六方晶)結晶の残余エントロピー問題」(*)を、当時の研究グループの研究による"幻の氷"といわれた「氷XI」の発見により半世紀に亘る未解決テーマに終止符を与えた業績、及びその他のガラス性結晶の発見により日本学士院賞(1997)を受けられたことは皆様ご存知の通りです。この研究をふくめ、多くの優れた研究成果は上述した「レポート30巻」に永久保存されました。それらの業績の背景、私共が創設に関与した日本熱測定学会(本年第46回年会)の支援、さらには阪大理学部当局の後援により昨年4月、我国では類例のない標記のセンターが誕生しました。それには新制19回生の、これまでの現センター長稲葉教授の絶大な御尽力により、新しく独立法人化された大学で、"構造熱科学研究センター"が誕生しました。この歴史の発端に関係した老生の感激は一入でありました。皆様の御努力に厚く感謝いたします。回顧すれば恩師仁田先生の「構造とエネルギー」の両輪による結晶化学確立の哲学から、このような歴史的発展が刻まれたと申せましょう。
終わりにのぞみ、老生が上記レポートNo.20 (1999) に記しました、前世紀の巨人科学者アインシュタインの言葉を原語で再録し、併せてこのセンターの発展を祈りつつ結びと致します。

  If you should understand the nature of a substance, but are allowed only one type of measurement to understand it, choose the heat capacity.

(*) この残余エントロピー問題の平易な解説
文献:菅 宏:化学、41、No.8 (1986); 固体物理、41、No.8 (1985)、及び関集三:分子集合の世界、(なにわ塾叢書58、ブレーンセンター刊)(1996)p.194. などを参照されたし。

post by 事務局 |

総合学術博物館企画展

2010年04月13日(火)
総合学術博物館企画展
「漆の再発見―日本の近代化学の芽生え―」開催
江口 太郎(新制化18回)

永契会会員の皆様におかれましては既にご来館いただいた方もいらっしゃると存じますが、2007年8月に待兼山修学館(旧医療短大本館)に総合学術博物館の新展示場がオープンし、おかげさまで昨年末までの入館者は42,265名に達しております。現在は、その修学館3階の多目的ルームで、第10回企画展「漆の再発見」を3月20日(土)まで理学研究科との共催で開催しています。是非とも足を運んで頂きたく存じます。この展覧会においては、永契会会員の名誉教授、現役の教員および大学院の在校生諸君の多大なる協力を得ました。大学博物館の役割をご理解いただく好例となっていますので、以下簡単に紹介させて頂きます。
[続きを読む]
post by 事務局 |

卒業生報告

2009年11月26日(木)
菅 宏(旧制19回)

 化学科23回生(昭和50年関研究室卒、日鉱金属勤務)安部吉史氏は、銅精錬の残渣とも言うべき電解殿物を処理して銀、金、白金などの貴金属を取り出す技術を大いに改良し、その功績が認められて資源素材学会の第74回渡辺賞を受賞した。このような改良に伴って同社の殿物処理能力は著しく高められ、生産能力は金 2,500 kg/月、銀 32,000 kg/月、パラジウム400 kg/月、白金 40 kg/月、などに高められるとともに、それぞれの品質も向上した由である。賞の授与は同学会の第123回通常総会(2000年3月)にて行われた。いささか情報の到着が遅れたが、このような報せは各クラス会代表、その他を通じて遅滞無く永契会幹事に届くことが強く望まれよう。卒業生の社会的活躍を伝えるのもNEWSLETTERの持つ大きな使命である。(文責:名誉教授 菅 宏)

post by ホームページ管理 |